うえのドイツ文化村|ホーム
うえのドイツ文化村|ドイツム村沿革 うえのドイツ文化村|営業案内 うえのドイツ文化村|お問合せ
 
 
博愛記念館は、ドイツの古城「マルクスブルグ城」をドイツの古城保存協会から許可をいただき見取り図をもとに原寸大で再現し建てられています。マルクスブルグ城はブラウバッハ市にあり、ライン河地方で唯一中世騎士時代の姿をとどめるお城です。
見学フロアは、8F・3F・2Fです。
※スロープがあり車いすの方も入館できます。
【定休日のお知らせ】
4月~9月は火曜日が定休日となります。
10月~3月は火曜日と木曜日が定休日となります。
20名以上の団体様は定休日も承ります。(要予約)
 
地上42mからの眺望をお楽しみいただけます。
窓からは海はもちろん、来間島やイムギャーをはじめ、天気のいい日は遠く東平安名崎まで見渡せます。
 
 
騎士の間
婦人の間
礼拝堂
マルクスブルグ城の内部、「騎士の間」「婦人の間」「礼拝堂」が再現されています。
その他に、ドイツライン河地方の絵画や美術品を展示。
 
マルクスブルグ城の内部「台所」が再現されています。
その他にドイツ村ができた由縁のお話、ドイツ商船救助物語やシュレーダー元ドイツ首相が2000年の沖縄サミットの時に来島した時のビデオの上映と資料や写真を展示。
ドイツ貴族の衣装を着て写真撮影ができます。大人から子供まで家族みんなで体験ができ大好評!
 
撮影料金 大人(高校生以上) 小人(中学生以下)
入館された方 500円 300円
衣装体験のみ 700円 500円
 

「ドイツのペーパーナプキンを使ってオリジナルの石鹸を作ってみませんか♪
材料費:500円(四角石鹸) 700円(ハート型石鹸)

 
 
ドイツ語で子供の家という意味を持つ館内には、グリム童話に関する資料や複製画、くるみ割り人形などドイツのおもちゃを展示。木のパズルなどのおもちゃで遊べるコーナーや絵本などを読める図書室もあり、子供たちが遊びながらドイツの文化に触れることがでます。  
そして何より館内に入って目を引く、高さ3.6m、重さ2.6tの本物のベルリンの壁。
関連資料や当時の様子を写した写真パネルとともに展示しております。

※スロープがあり車いすの方も入館できます。
【定休日のお知らせ】
4月~9月は火曜日が定休日となります。
10月~3月は火曜日と木曜日が定休日となります。
20名以上の団体様は定休日も承ります。(要予約)
 
 
 
うえのドイツ文化村|ブログ
 
 
 
 
HOME施設マップシースカイ博愛ウェディングドイツ村沿革施設概要お問合せ
Copyright (C) UENO GERMANY CULTURE VILLAGE. All Rights Reserved.
営業案内
概 要
博愛記念館
キンダーハウス
リフレッシュパークプール
施設案内
チャペル
シアターホール
ステージ広場
テナント
イベント
こいのぼりフェスト
ダンケフェスト
イルミネーションフェスト
その他